感謝の井戸埋め

朝から雨が降っていましたが、お昼前には止んでいました。
昨日の雷の影響か、社務所は停電状態でしたが、地元の電気屋さんに観ていただいて、無事に復旧できました。
これで一安心です。

今日はお昼前に、井戸埋めのお祭りでした。

保育園の園庭にある古い井戸でして、長年使われていなかったのですが、この度取り壊すことなり、井戸埋めのお祭りを執り行うこととなりました。
井戸には水があります。
その水は、人々の生活に用いられてきたものです。
水なくしては人は生きていくことができません。
喉を潤す水。
米を研ぐ水。
衛生的な環境も保つにも水が必要ですよね。
そうした生活に欠かせない水を与えてくださった井戸にも神様がいらっしゃいます。
この度、井戸を埋めるに際して、まずは長年にわたって水の恵みを授けてくださった神様に感謝を申し上げ、工事の旨を奉告し、清き処佳き処へとお遷りいただきまして、工事の無事を見守ってくださいますようお願いするお祭りです。

直前まで雨が降っていました、祭典中は雨が止み、また保育園ということで子供たちの元気な声を聞きながら、無事に井戸埋めのお祭りを執り納めることができました。

お祭りが終わると再び雨が降り出しました。

水は恵みにもなれば、恐ろしい災害にもなります。
感謝と畏敬を忘れず、私達のご先祖たちから長く付き合ってきていますね。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

雷雨の合間の地鎮祭

次の記事

お祓いを受けに