茅の輪掛け台

日差しが強いですね。
朝から日傘がほしいのですが、それでは作業が難しいので、神社ではこれ!

笠帽子です。
これを長らく愛用しています。なかなか良いです。

今週末に、宮崎神社の夏越の大祓があります。
そこで茅の輪神事が行われます。
「備後国風土記」の逸文に由来する、疫病から免れるという信仰がある茅の輪。
もとは腰につけるほど小さいものですが、時代を経るにつれて人がくぐれるほどの大きくなってきました。
宮崎神社の茅の輪も、直径2メートル近くあります。
それを設置する台を、制作。

改良の余地ありですね……。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

夏越の大祓、準備中

次の記事

祓いの大麻の清め