台風の爪痕

昨夜深夜から、広島県東広島市でも激しく雨が降り続けました。
台風9号が、上陸し、通過しました。
夜が明けてからも激しい雨と風。

午前9時頃、雨が弱まったころに神社にいきますと、台風の被害が。
参道には、落ち葉や枝が散乱していました。

境内ではベンチが倒れたり、バケツが飛ばされて転がっていました。
茅の輪をまだ設置していましたが、被害なし。


結ばれていたおみくじが散乱していました。
あと幟ポールが3本ほど折れていました。
被害といえば、それぐらいで、掃除をすればなんとかなりそうです。
建物などに大きな被害がなくて、一安心です。

これから台風が増える時期ですので、気をつけましょう。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

土用が明けたら

次の記事

茅の輪を撤去