もりもりな門松登場!

本日早朝から、宮崎神社の総代の方々に集まっていただいて、正月準備の作業を行いました。
朝から雪がふる寒い中、焚き火にあたりながら、幟を立てたり、幕をはったりと準備がスムーズに進みます。

また老朽化していました駐車場の看板も、大きな杭を奉納していただいて、木槌で交代しながら打ち付けて、新しい看板を立てました。

台風でもきっと倒れないでしょう(*´ω`*)

そしてメインの門松も、慣れたものであっという間に立派なものが立ちました!

南天、ウラジロ、松、梅、竹など縁起物が盛り盛りの豪華な門松です。

門松がたちますと、一気に正月感が出てきますね。

ところで門松って、なんなのかご存知ですか?

元日には、歳神さまが各ご家庭を訪れて、「歳(その年の恵み)」を授けてくださるという信仰があります。
その家を訪れる際の目印となるのが、門松とも言われています。

みなさんもぜひご家庭でも門松を用意をして、
さらに初詣で、この盛り盛りな門松とともに写真をとってください。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

煤払いは大掃除

次の記事

初詣はゆったりと