夏のお焚き上げ

本日、天気は快晴!! 気温もそこそこ

ということで、夏のお焚き上げを行いました。

神社で受けた御守りや御神札などは、一年を目安に取り替えをします。
そして古い御守りなどは、神社に返納いたしましょう。

返納された御守りや御神札は、神社でお焚き上げの神事を行っています。

宮崎神社では、小正月頃と、夏の年2回ほどお焚き上げの神事を行います。
夏のお焚き上げでは、小正月以降、返納された御守りや御神札などをお焚き上げをします。

その神事では、まず御守りや御神札に、これまでのお守りへの感謝も申し上げ、
それらに籠もる神様に、元の神社にお還りいただきます。

神事は厳かに、つつがなく終えて、お祓いをした火でもってお焚き上げ申し上げました。


さらに、夏越の大祓に際して納めていただいた「人形」もお焚き上げをして、その灰を川に流し、
みなさんの罪穢れを祓い消滅されたことでしょう。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

草刈り日和

次の記事

月次祭と楽しい会議