境内樹木伐採と、酒まつり

9月26日、境内の樹木の伐採が行われました。

石垣の端にそびえたっていました大きな杉の木。
台風や地震のたびに倒木の心配をしていました。

本日早朝より、酒まつり実行委員会の方々が集まり、伐採の運びとなりました。
まずは、神前にて、伐採奉告祭を斎行いたしました。

これまで氏子を始め参拝者の方々の心を慰めてくださったことを感謝し、
惜しくも伐採することの奉告し、工事の安全を祈願申し上げました。


社殿で奉告祭を終えて、樹木に御神酒など注ぎ、宿る木霊に昇り遷っていただいてから作業開始。

あっというまに伐採されました。
倒れる場所も、絶妙なところへ。匠の技を見せていただきました。

そして伐採されました杉は、その枝葉は、酒まつりで杉玉として生まれ変わります。
また幹も、薪として使われるようです。

酒まつり実行委員会、大学生ボランティア、酒蔵関係者などなど
多くの方々によって、伐採作業は無事に終えることができました。

東広島市西条での「酒まつり」は、10月8日、9日です。
ぜひ、酒都西条の酒の祭典に起こしください。
[酒まつりHP]https://sakematsuri.com/

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

台風の後片付け

次の記事

鯛の縛り方