支部の神宮大麻暦頒布始奉告祭

本日は、広島県神社庁賀茂支部の、神宮大麻暦頒布始奉告祭がありました。

伊勢の神宮で奉製された神宮大麻と神宮暦。
それが神宮から神社本庁へ、さらに各都道府県の神社庁へ、そこから各地区の支部に授受され、
各神社から各ご家庭へと頒布されます。
その支部での頒布を始めるにあたっての奉告祭がございました。

このようなお祭りが、神宮で奉製される間、さらに神宮から神社本庁、各都道府県の神社庁、支部、神社へと授受される間にも行われています。
つまりはその都度にお祓いがなされ、祓いに祓い、清めに清めを重ねられているのです。
神宮大麻は、日本で最も清らかで尊い御神札と言っても過言ではないでしょう。

本日の支部の頒布始奉告祭の後に、宮崎神社でも神宮大麻を受けて、
そこから各ご家庭へと頒布するために、神社でも奉告祭を斎行いたします。

神宮大麻と暦は、年末頃に各ご家庭へと頒布され、神棚の御神札を新たにしていただいて、新たな年を迎えていただければ、よりよろしいでしょう。
また各神社でも、神宮大麻を受けることもできますので、お近くの神社にも尋ねてみてください。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

賽銭泥棒、一件落着